海外でのおはなし①

暑い日が続きますね☀️

毎年、夏になるとヨーロッパへピアノを学びに行った時のことを思い出します。

大変なこともありましたが、ピアノの技術だけでなく物事に対する考え方など、大切なことを沢山教えてもらいました。

その中でも印象に残っているエピソードがいくつかあります…

 

 

大家さんとパンのおはなし🥐

 

現地に到着した日、アパートの大家さんが道を案内しながら近くのパン屋さんやスーパーへ連れていってくれました。

「ここのパンはとても美味しいよ」

パン屋さんの前で立ち止まって教えてくれました。

この日は疲労もあり食欲が無かったのでパンを食べる気分にはなれなかったけれど、せっかく案内してくれたのに素通りするのも悪いと思い、ストックに明日と明後日食べるパンを買おうとしました。

すると

「その日食べたいものをその日に買いなさい、明日パンが食べたいなら明日買いに行く方が美味しいのよ」

と言われました。

私は英語が少し話せる程度で現地語は分からなかったので、完全に言葉が通じていた訳ではないですが

まっすぐ相手の目をみて淡々と話す大家さんからは

“今自分が思っていることに忠実に生きなさい”

と教えられているような気がしました。

そして、パンは買わずに枝ごと売っていた大きなトマトを買って帰りました。新鮮でびっくりするくらい美味しかったです🍅

 

なかなかこのようにいかないことも勿論ありますが、自分自身の中で大切にしている考え方のひとつです。

シンプルなエピソードですが、今でも忘れられない大家さんのおはなしでした。

 

また別のおはなしも後日できればと思います✨

 

 

 

次の記事

海外でのおはなし②